テレビショッピング口コミNavi

テレビ通販は今や花ざかり!あなたのほしい、あんなモノ、こんなモノがたくさんあります。

テレショップ商品ブログ 暖房器具

蓄熱充電式エコ湯たんぽの口コミ/オススメレビュー

投稿日:2019年11月29日 更新日:

蓄熱充電式エコ湯たんぽは電気を使用して温めた暖気を中の素材が蓄熱することで温かさを維持する湯たんぽ代わりになる暖房器具です。

商品としては、充電時に蓄熱する仕組みで充電をしている最中は絶対に使用してはいけないと商品に明記されています。

その理由ですが、充電時に熱を帯びて本体が約40度から60℃と高温になりますのでやけどの危険があるため充電しながらの使用はできないとされています。

充電後に蓄熱されている熱を利用して暖を取る湯たんぽとして使用できますが、充電後はバッテリーで熱が逃げない様にすることで湯たんぽとして使用できるという製品です。

この時、高温を維持するモードに変更することで消費電力が増えてバッテリーの減少が早くなり、高温を維持しないモードにするとバッテリーの消耗が減少し、長時間熱を逃がさない様にすることができるという品物です。

お湯を使用せずに電気代をあまりかけないで蓄熱することができるということが売りの商品です。

他商品と比較してなぜこの商品にしたのか?

この製品、アニマルカバーなどの種類がありまして、そのアニマルカバーを扱っていたのがこの通販会社ということで購入をしました。

他にも似たようなものがありますが、それらと比較した場合、似たような商品はまだレビューがされておらず、内容が分からないので形式が古くても、レビューがしっかりしているこの製品を選び購入をしました。

他の商品にないも特徴としては充電をしている間にも熱を帯びて充電後に電池を使用して熱を維持することがほかの商品には無かった特徴でした。

ですが、新製品の登場とともに似たような商品が発売され始めましたが、未だこの製品の様に安全な設計をしているものも少ないと聞きました。

何でも、充電池を充電する際の安全装置に不具合があるものもあると聞きレビューを見て安全であることを確認し、またほかのサイトを確認した際、安全装置が付いているとされており、商品を扱うサイトにもそのような記述があり購入したということです。

蓄熱充電式エコ湯たんぽのメリット

安全装置が取り付けられており、充電池の充電などで異常が発生した際に止るとされています。

充電し蓄熱状態になればコードレスで使用することができるので、場所を選ばずに簡易な暖房器具として使用できる点においてもメリットは大きいです。

温度のモードも2種類から選ぶことができ、高温と低温といった具合に分かりやすい点が利点です。

消費電力に関しても電気代として換算すると1回2.5円ですから経済的です。

どうしても暖房器具を持ち込むことができない場所で使用する際、この手軽に移動できるという点がメリットとして生きてくる商品です。

他に、良い点としては、アニマルプリントされているカバーなどを使用することでかわいらしくすることも可能で、交換するカバーなんかも通販サイトによっては販売していたりするため、カバーが汚れてきたら交換をしてきれいなカバーにして使用できるなど、買ってからのことを考えて作られている製品であるように感じます。

蓄熱充電式エコ湯たんぽのデメリット

部屋が寒すぎる場合、蓄熱した熱がものすごい勢いで抜けていき、バッテリーを消費して温度を下がらないように維持することができないことです。

その為、バッテリーがものすごい勢いで減る割には暖かくないという問題があります。

また、問題点としては充電をしている間に熱を持つのですが、この間使用できないのです、商品が熱くなりすぎる点と安全の面で使用できないということです。

これだったら、以前エネループから販売されていたセラミックをヒーターとして使用していた毛布が売っていてその製品のほうが充電品しながらでも使用できたので、そちらの方が商品としては優れていると感じます。

確かに20分で充電が完了し蓄熱されますが、問題は部屋が寒い場所であって、寒い場所で充電する場合、十分に蓄熱しなかったりと室内の環境により、湯たんぽとして使用できるかどうかという問題があります。

寒すぎる場所で充電すると蓄熱すらうまくいかないということです。

まとめ

室内が極度に寒くない方で冷え性の方にお勧めできる製品です。

逆に部屋が寒すぎると肝心の蓄熱が十分できず、暖かくないです。

何かと組み合わせて熱が逃げない状況下で使用することが望ましいとされていますので熱が十分に製品に蓄積される環境下で使用することが重要です。

製品としては充電時に熱を帯びて充電後、その熱をバッテリーを消費して維持するということですので合理的でエコな電気代が特徴の製品です。

バッテリーも20分で充電が可能となり、20分で大体蓄熱が完了され、モードと室内の温度によりますが3時間から8時間くらい熱が持続する湯たんぽとして使用できます。

湯たんぽと違い、バッテリーを消費して熱を維持することができるという点がありますが、熱が逃げてしまうような状況下では力を100%発揮できない製品でもあります。

蓄熱充電式エコ湯たんぽを日本通販でチェックする

人体感知センサー付消臭セラミックファンヒーターを見てみる

安心安全、さらにエコな蓄熱充電式エコ湯たんぽで今年の冬を乗り切りましょう!

-テレショップ商品ブログ, 暖房器具

Copyright© テレビショッピング口コミNavi , 2020 All Rights Reserved.